卒業生インタビュー

J-AIRキャビンアテンダント赤井さん

J-AIR
キャビンアテンダント
赤井 美空さん 2012年卒業
【京都府】京都女子大学短期大学部出身

空港での写真

GSの経験をCA業務に活かす

現在、国内線の小型機に乗務しています。76名もしくは95名のお客さまに対しCA2名で対応を行っているため、チームワークが大切です。私は前職のGSの経験から、搭乗されるお客さまの疲れたご様子や不安なお気持ちなどを感じ取りながら接客するようにしています。一方で、GSよりも一人ひとりのお客さまにゆっくり対応できるのがCAの仕事の魅力です。一度、J-AIRクルーの似顔絵シールを集めてくださっているお客さまに、シールにメッセージカードを添えてお渡ししたとき、後日、直筆でのお手紙をいただいたことがあり、とても嬉しかったですね。また、よくご利用いただいているお客さまが覚えていて声を掛けてくださることもあります。ECC国際外語で鍛えた英語力のおかげで、外国からのお客さまとも楽しく会話することができています。目指しているのは、誰からも話しかけていただけえるような親しみやすいCAです。そして、一緒に飛ぶクルーとのコミュニケーションを大切にしながら、より良いフライトをつくっていきたいと思っています。

全日本空港キャビンアテンダント

全日本空輸
キャビンアテンダント
河上 有沙さん 2014年卒業
【大阪府】関西外国語大学短期大学部出身

嶋本さんの空港での写真

ECC国際外語の接客指導が実践で役立つ

ANAにCAとして入社し、2年が経ちました。約半年前からは、国内線だけでなく国際線にも乗務しています。英語での接客や海外クルーとのコミュニケーションはなかなか大変なものですが、その分やりがいを感じ、さらに語学力を向上させたいと思うようになりました。ECC国際外語では、語学や航空関係の基礎はもちろん、実際の接客を想定した授業もあります。例えばドリンクサービスの授業では、カップの向きや手の添え方、言葉遣い、目線の外し方といった細かな気配りまで教えていただけます。こうした指導は実践で役立っていて、整備作業のため到着が遅れた際も丁寧な接客を心がけることで、「ありがとう、お疲れ様」といっていただけました。心の込もったサービスは、悪い状況をも好転させるのだと感動しましたね。これからも、ECC国際外語で身につけた語学力とおもてなしの心で、一人でも多くのお客さまに喜んでいただけるよう頑張っていきたいです。

エバー航空キャビンアテンダント井上さん

エバー航空
キャビンアテンダント
井上 美優さん 2015年卒業
【大阪府】関西学院千里国際高等部出身

井上さんの空港での写真

3カ国語で対応できるCAに

世界60都市をつなぐ台湾のエバー航空のCAになり1年が経ちました。現在、保安業務をはじめ、お食事サービス、免税品サービスなどの通常業務をこなしながら、私が大切にしているのは、フライトごとにお客さまに何かもう一つ心遣いをプラスすることです。例えば、お客様同士の何気ない会話から、初めて台湾をご旅行されるのがわかれば、私自身が実際に行ってみて良いと思った観光スポットをご紹介します。そんなとき、お客様からいただく笑顔や「ありがとう」のお言葉が私の励みになっています。ECC国際外語では、うまく行かないとき、あきらめそうになったときに、常に勇気づけてくれる担任の先生がいてくださったことが、大きな心の支えとなりました。エバー航空は外資系のため、職場での会話は大半が英語です。そのため、これまで以上に英語を勉強するようになりました。また中国語を話す台湾国籍の同僚やお客さまも多いため、3カ国語で対応できるCAを目指したいと思っています。

お客さまの安全を第一に考えたサービスを ジェットスタージャパンキャビンアテンダントの森さん

ジェットスタージャパン
キャビンクルー(キャビンアテンダント)
森 麗香さん 2014年卒業
【大阪府】野崎高校出身

憧れのCAになれた森さん

諦めずに努力し、憧れのCAに!

ジェットスター・ジャパンのCAに転職して4ヶ月が経ちました。国際・国内線に乗務しています。ECC国際外語の「CAスタディ」の授業で業務全般やマナーを学んでいたおかげで、すんなりと業務に入ることができました。フライト中は、お客さまの安全を第一に、さまざまなことを想定し業務に取り組んでいます。限られた時間のなかでテキパキと動けるよう、そして笑顔でお客様にサービスを提供できるよう、チームや各部署と密接に連携しています。仕事は優しい先輩とあたたかい社風のおかげで非常に楽しく、お客さまに顔を覚えていただくという嬉しい経験もさせていただきました。実は、CAを目指しはじめた高校時代、周りの人たちからは「CAなんて無理」「CAになるのは難しい」と言われていました。英語が苦手だった私がこうして憧れのCAになれたのは、諦めずに、目標を一つずつ達成してきたからだと思います。今は自信がない方も、夢は実現すると信じて頑張ってください!

Peach客室乗務員(キャビンアテンダント)林さん

Peach
客室乗務員(キャビンアテンダント)
林 香純さん 2013年卒業
【大阪府】天王寺商業高校出身

林さんの空港での写真

雲の上だった世界が私の舞台に

初めてのフライトから4カ月半が経ちましたが、Peachでは国内線、国際線を問わず、就航しているところにはどこでも乗務しています。雲の上だった世界が、自分が活躍できる舞台となり、毎日が本当に楽しいです。実は、Peachの客室乗務員の採用試験に不合格だったことがあるのですが、「本当に客室乗務員にならないまま人生を終わらせていいのか」と自問自答しました。そして一度きりの人生を後悔したくないと思い再挑戦。あきらめずに前回の反省点を克服し、合格することができました。業務では、お客様もクルーも外国籍の方も多く、英語を使う機会がたくさんありますが、ECC国際外語で日頃から積極的にネイティブの先生と話すようにしていたので、自然と会話に入ることができました。現在はまだ乗務経験が浅く、イレギュラーなケースには直面していないのですが、あらゆるシーンに落ちついて対応できる一人前の客室乗務員となり、客室の責任者であるチーフパーサーになりたいと考えています。

客席全体に行き届く細やかな気配りで快適なflightを提供 ソラシドエア キャビンアテンダントの吉岡さん

ソラシドエア
キャビンアテンダント
吉岡 暁穂さん 2013年卒業
【兵庫県】神戸甲北高校出身

専門学校での学びが自信につながったと話す吉岡さん

在学中の学びが自信につながりました

中学生の頃から憧れていたCAになり、1年2ヶ月が経ちました。狭い機内でお客さまに快適な時間を提供することが、私たちの役目。ECC国際外語で先生から学んだ「CAは後ろにも目がある」という教えを胸に、フライト中は常に客席全体を見渡しながら細かな気配りを心がけています。また、ドリンクサービスやお声がけなどのシミュレーション授業が日々の業務に役立つことも。入社当初は緊張で頭の中が真っ白になることもありましたが、在学中に学んだことを思い出しながら実践していくうちに、自分らしい接客が徐々にできるようになりました。今の目標は、お客さまやクルーの先輩方にも安心していただけるCAになること。そのためには保安やサービスはもちろん、語学の勉強にも力を入れていきたいです。そして将来は一便の責任を担い、後輩たちにも指導できる立場になるのが目標。「CAになりたい」という夢を叶えたときの気持ちを忘れず、これからもっと成長していけるように頑張ります。

私の表情や対応がANAのイメージに。1便1便を大切におもてなししたいANAウイングスにキャビンアテンダントとして働く渡邉さん

1便1便を大切にし、最高のおもてなしができるように向上心を持ち続けたいと話す渡邉さん

ANAウイングス
キャビンアテンダント
渡邊 愛奈さん 2015年卒業
【兵庫県】尼崎小田高校出身

実践的な学びが今も心の支えに

初めてのフライトから半年が経ちましたが、私の表情や対応がそのままANAのイメージになる責任の重さを実感しています。ANAウイングスの機材は小型のジェット機かプロペラ機で、お客さまとの距離がとても近いため、一人ひとりのお客さまへの細やかなサービスを大切にしています。小型機のフライトでは、お客さまの表情がよく見えるので、「少しでも不安そうだな」と感じたら何度かお声掛けをさせていただいています。「CAさんの笑顔を見て安心しました」と話してくださるお客さまもいらっしゃいます。ECC国際外語で学んだことは実践的ですべてが業務に役立っていますが、長年CAをされていた担任の先生から直接ご指導いただいたCAとしての姿勢や考え方が、今も私の心の支えになっています。困ったときには「こんな時、先生ならどうされるのだろう」と考えることも。1日に5便、乗務することもあり、慌ただしい毎日ですが、1便1便を大切にし、最高のおもてなしができるよう、向上心を持ち続けたいと思っています。

「喜ばれる接客」を心がけ、お客様の力になれたときに大きなやりがいを感じますANA成田エアポートサービス旅客ハンドリング(グランドスタッフ)苗田さん

空港での苗田さん

ANA成田エアポートサービス
旅客ハンドリング(グランドスタッフ)
苗田 尚子さん 2016年卒業
【香川県】善通寺第一高校出身

期待に応えるGSを目指し、日々勉強中

出発・到着などの地上支援業務を担当しています。GSは毎日たくさんの方とお会いする仕事。お客様一人ひとりに喜ばれる対応を考えておもてなしすることに、大きな魅力を感じます。例えば英語でのコミュニケーションが不安そうなお客様には母国語で話しかけたり、留学先へ向かうお客様には励ましの言葉を添えることも。他の航空会社を利用されるお客様から質問を受けることも多いため、成田空港内の位置情報やカウンター営業時間を把握するなど、情報収集にも努めています。そんな心遣いが実り、お客様に感謝していただいた時は本当に嬉しくなります。先日から、ビジネスクラスのお客様の接客も担当することに。ANAをよくご利用いただくお客様や、高品質なサービスを求められるお客様と関わる機会が多くなり、緊張しますがその分やりがいも実感。東京オリンピック・パラリンピックに向けて成田空港を利用するお客様の数も増えるので、今以上に多くの方の期待に応えられるよう、接客力を磨いていきたいです。

いろいろな国の方と関わることができる刺激的な毎日Kスカイグランドスタッフ土佐さん

空港での土佐さん

Kスカイ
グランドスタッフ
土佐 京さん 2016年卒業
【和歌山県】向陽高校出身

現状に満足せず、常にスキルアップ

国際線のシンガポール航空とチャイナエアラインでチェックイン業務や出発搭乗ゲート、到着便の業務などを担当しています。約8割が外国のお客さまで、日々の仕事で使う言葉もほぼ英語です。最初は緊張して聞き取れないことも多かったのですが、毎日続けているうちに肩の力が抜けて理解できるようになりました。なかなか搭乗口にお越しくださらないお客さまもいらっしゃるので、手際よく誘導して定刻に飛行機を送り出すことが大変な時もあります。しかし、いろいろな国のお客さまと話すことができてとても刺激的な毎日です。ECC国際外語で学んだネイティブ講師とのスピーキングの授業や接客のロールプレイングの授業はそのまま接客に役立っています。最近、後輩に仕事を教えることも多くなってきました。先輩が担当されている搭乗口のリーダーの仕事など、いつ任されても大丈夫なように、現状に満足することなく、常にスキルアップすることを求められています。

JALスカイ
グランドスタッフ
林 優衣さん 2015年卒業
【徳島県】徳島商業高校出身

ECC国際外語で学んだ接客マナーを活かして

日本の主要空港である成田国際空港で、JALの一員として働けることに、とても誇りを感じながら業務に就いています。仕事内容は、国際線のチェックイン業務です。お客さまと一対一で話す業務なので、笑顔はもちろん、言葉遣いや表情も大切にしています。お客さまの不安が和らぎ、気持ちよく出発していただけると、私自身も嬉しくなります。また、ご希望通りの席を調整できたときに「ありがとう」と言われるなど、お客さまの反応を直に感じられることもやりがいにつながっています。笑顔や立ち居振る舞い、言葉遣いなどの接客マナーは、ECC国際外語で厳しく指導していただいたおかげで、ごく自然にできるようになりました。また、「韓国エアライン研修」で刺激を受けたことで、夢の実現へ向けて苦手な英語の勉強に力を入れるようにもなりました。あきらめずに頑張れば、努力は報われるということを、就職活動を通して実感しました。

JALスカイ
グランドスタッフ
尾野 彩佳さん 2015年卒業
【大阪府】箕面高校出身

グランドスタッフの尾野さん

気を引き締めて出入国書類を確認

私は、ECC国際外語で「成田空港見学会」に参加した際、成田国際空港の規模やJALスカイの雰囲気を肌で感じ「絶対ここに入りたい!」と思いました。その夢が叶い、JALグループの顔としてカウンターに立てることに感謝の気持ちを持って業務にあたり、笑顔を心がけています。担当しているチェックイン業務では、お荷物のお預かりや座席調整の他、出入国に必要な書類の確認も行います。お客さまが無事に入国できるかどうかの最終チェックになるので、慎重に対応します。時々お客さまから「よろしくね」と言われることもあり、その言葉に、自分はお客さまの無事・安全もお預かりしているのだと気が引き締まります。これからもっと新しい業務をこなせるように頑張りたいと思います。

JALスカイ
グランドスタッフ
落合 香里さん 2015年卒業
【京都府】紫野高校出身

グランドスタッフの落合さん

定刻出発に向けて臨機応変に行動

成田国際空港で国際線ゲート業務を担当しています。お客さまを機内にご案内する際はチームで連携して動きますが、一人ひとりが何をすべきか自分で考え、臨機応変に動かなければなりません。無事、定刻通り出発できるかどうか、私たちの行動にかかっていると言ってもいいほど。ビジネス利用のお客さまにとっては、1分の遅れが仕事に影響を与えることもあるので、責任を感じながら業務に務めています。到着業務では、海外から来られたお客さまが最初に接する立場になります。お客さまの、日本に着いた喜びと安心の顔を見られることもやりがいの一つですね。今後も色々な業務に挑戦し、常に自分の目標に向かって一生懸命な自分でありたいです。

日本の玄関口で重要なポジションを任されるのは誇りです。羽田空港でANAエアポートサービスグランドスタッフとして働く井上さん

ANAエアポートサービス
グランドスタッフ
井上 恵里さん 2012年卒業
【大阪府】関西外国語大学短期大学部出身

「日本の玄関口で働ける喜びを忘れず、これからも業務に励みます」と話す井上さん

先生のおかげで今の自分がいる

入社して5年目。現在は搭乗チェックインなどの地上支援業務のほか、ゲートリーダーや新人教育、カウンター責任者も任せていただけるようになりました。在学中に先生から教わった英語アナウンスやエアライン特有のフレーズは、仕事現場で非常に役立っています。先生には就職活動でも大変お世話になりました。就職が決まらずエアライン業界を諦めそうになったときも、「あなたらしく頑張って」と親身に支えてくださったことが大きな励みに。自分を抑えるのではなく、個性を最大限発揮する就職活動に切り替えた結果、念願の内定を獲得。今こうしてGSとして働けているのは、先生のおかげと言っても過言ではありません。もともとは関西勤務志望で、入社するまで羽田空港に勤めるなんて夢にも思っていませんでした。しかし働くうちに、日本一旅客数の多い国際拠点空港で働けることは、自分の誇りに。オリンピック開催が決まり今後ますます忙しくなると思いますが、「日本の玄関口」で働ける喜びを忘れず、これからも業務に励みます。

ANAエアポートサービス
グランドスタッフ
丸山 卓也さん 2014年卒業
【愛知県】中京大学出身

ベストなサービスを提供できるGSになりたいと話す丸山さん

ベストなサービスを提供していきたい

GSとして、搭乗手続きや手荷物の受託などを担当しています。距離のある乗り継ぎ先への案内や荷物の搬入といった体力仕事は、男性である強みを活かして積極的に従事。特に力を要される、車いすや介護用寝具を利用される方のケアでは、安全かつスピーディーに対応することを心がけることで、「またお願いね」とお礼の言葉をいただくこともあります。また私が勤める羽田空港には毎日たくさんの外国人の方がいらっしゃるので、英語力が必要とされるシーンも多々あります。ECC国際外語では現場で使える英会話を指導していただいたので、それが今役立っています。先日は、チケットの説明時に授業で習ったフレーズを使ったら、「丁寧な言葉遣いだね」とお褒めの言葉をいただきました。目標は、お客さまのご希望に沿ったベストなサービスを提供できるGSになること。円滑なコミュニケーションを図るために、ECC国際外語での学びを活かしつつ、より英語力を向上させていきたいです。

搭乗口やカウンター、空港のあらゆる場所で度をサポート ANA大阪空港のグランドスタッフとして働く島田さん

ANA大阪空港
グランドスタッフ
島田 美由紀さん 2013年卒業
【兵庫県】武庫川女子大学短期大学部出身

利用頻度が高いお客さま専用のプレミアムカウンターを担当する島田さん

お客さまのご意見を糧に成長中

大阪国際空港のGSは、1人が1日中同じ場所にいることがありません。朝の3時間は搭乗のご案内、昼の2時間はカウンターでチケットの発券というように、1日で複数の業務を担当。持ち場への移動が遅れると、運航の遅れにつながるので、GSは常に空港内を走り回っています。先日、社内試験に合格し、利用頻度が高いお客さま専用のプレミアムカウンターを担当するようになりました。初めの頃は、機内に持ち込めない手荷物をお持ちの方への説明が上手くできず、厳しいご意見をいただいたことも。その経験から、お客さまに納得していただける説明を考えられるようになり、自らの成長につながったと感じています。また、国際線ではさまざまな国のお客さまをご案内しています。物怖じせずコミュニケーションができるのは、ECC国際外語でネイティブの先生と接する機会があったおかげだと感謝しています。

心地よいフライトをサポートするのが私たちの役目CKTSグランドスタッフとして働く本岡さん

CKTS
グランドスタッフ
本岡 春香さん 2012年卒業
【兵庫県】加古川北高校出身

後輩の成長が自分のやりがいにつながっていると話す本岡さん

後輩の成長が自分のやりがいに

関西国際空港でキャセイパシフィック航空の旅客ハンドリングを担当しています。外資系の航空会社なので、お客さまの半分以上は外国の方。チェックイン時はもちろん、座席や航空券の説明の際に英語は欠かせません。そんな中でも動じず対応できるのは、やはりECC国際外語で英語力を高められたから。エアラインの現場で使える文法やフレーズを活用し、円滑なコミュニケーションを心がけています。空港カウンターには、2,000名を超えるお客さまが来られる日も。さまざまな目的で空港に来られるお客さまにとって、GSはほとんど記憶に残らないかもしれません。しかし、これだけ多くの方をおもてなしできるのはエアライン業界の醍醐味。お客さまに気持ちよくご出発いただけるよう力を尽くすのが、私たちの役目だと思っています。現在は新たな航空会社の立ち上げ時にGSとして参加したり、後輩たちを指導する立場に。後輩がどんどん成長していく姿を見るのが、自分のやりがいにもつながっています。

韓国への空の旅を笑顔でご案内しますベイエリアサービスのグランドスタッフとして働く卒業生たち

ベイエリアサービス
グランドスタッフ
尾西 奏子さん 2015年卒業
【大阪府】狭山高校出身

余裕を持って後輩に指導できるGSになりたいと話す尾西さん

実践的な授業で仕事をイメージできました

アシアナ航空のGSとして、現在は搭乗ゲートで案内業務を担当しています。入社して実感したのは、仕事のあらゆる場面で在学中の学びが活かされているということ。例えば、空港でお客さまを案内するアナウンスの練習。ただシナリオを読むのではなく、お客さまに分かりやすく伝えるにはどう話せばいいかまで丁寧に教えていただき、相手の立場に立って話せるようになりました。実践的な授業を通し、入社前からリアルに仕事の流れをイメージできたのが良かったですね。学内模擬面接では、お腹が痙攣するほど緊張。先生の「周りを気にせず自信を持って」というアドバイスが、内定獲得につながったと思います。夢が現実となった今、毎日が充実しています。将来は、忙しい時も余裕を持って後輩に指導できるGSに成長したいです。

出発の直前までお客さまに寄り添っていたいANA福岡空港グランドスタッフとして働く小川さん

ANA福岡空港
グランドスタッフ
小川 英里奈さん 2014年卒業
【京都府】京都ノートルダム女子大学出身

お客さまによりそえることに魅力を感じていると話す小川さん

在学中に教わったことがお客さまの喜びにつながりました。

憧れの航空業界に入り、約2年。少しずつできることが増え、今ではラウンジ業務、カウンター業務、ゲート業務、手荷物受託、手荷物引き渡しと、さまざまな業務に携わっています。これまでで一番嬉しかったことは、ラウンジで一度接客を担当させていただいたお客さまに、あるサービスを提案した際、「覚えていてくれたの?」と、とても喜んでいただけたこと。ECC国際外語で、「GSは臨機応変さが求められる仕事」と教えられたことを思い出し、積極的に動いたことを評価していただいた瞬間でした。今後の目標は、出発準備が完了した飛行機の扉を閉めるPO業務の資格を取得すること※。GSの業務の中でも、最後までお客さまに寄り添うことができるこの業務に、とても魅力を感じています。
※会社により、PO業務はグランドハンドリングが担う場合があります。

tit_takeoff

電話番号

up