ホーム > CA内定者座談会

CA内定者座談会

夢ある指導と仲間の絆

ECC国際外語だから叶いました!

難関であるCA採用試験を突破し、見事内定を勝ち取った11人にインタビュー。 ECC国際外語での学びがどう役に立ったか、CAになるためにどんな苦労をしたかなどを語っていただきました。 CAを本気で目指す高校生の皆さんは必読です!

  • 日本航空内定
  • 全日空内定
  • 全日空内定
  • 全日空内定
  • スカイマーク内定
  • スカイマーク内定
  • スカイマーク内定
  • スカイマーク内定
  • スカイマーク内定
  • スカイマーク内定
  • フジドリームエアラインズ内定

Q.1
ECC国際外語のエアラインコースを選んだ理由は?

湯浅 たった2年でCAになれたらすごくうれしいなと思って、入学を決めました。たいへんな勉強も2年だったら頑張れる気がして、チャレンジしてみようと思ったんです。

堀口 僕は高校卒業後に1年間カナダ留学をしていた時、CAの仕事に興味を持ちました。ECC国際外語を選んだのは、同じ高校だった中尾さんに紹介されたから。先生たちが親身になって勉強を教えてくれると聞いて、いいなと思ったんです。英語力をさらに磨きながら、CAを目指せることも魅力でした。

中尾 私は高校を卒業してすぐECC国際外語に入学。先生たちの熱心な指導を受けていたので、自信を持って堀口くんにも勧めました。

Q.2
英語力アップに役立ったものは?

TOIC対策授業風景

天満先生のTOEICⓇ対策の授業は
学生たちに「分かりやすい」と評判です。

中原 通学時間が長いので、バスでの1時間を単語帳チェックに当てました。毎日の小テストと合わせて、コツコツ単語を覚えましたね。

木村 やっぱり地道に続けることが一番大事。週3回の「英検®/TOEIC®対策」の授業では毎回単語テストをするので、その積み重ねが大きいです。テスト前には、間違いやすいリスニングや文法の問題を先生がピックアップしてくれます。そういう細やかな指導のおかげもあって、点数アップにつながったと思います。

中原 私は友だちと一緒に、EIPへよく行きました。決められたトピックについてネイティブ講師と話したり、「週末の予定は?」など日常の話を聞かれたり。友だちとフォローし合い、ジェスチャーを交えながらの英会話でしたが、話す機会を増やすことで英語力が伸びました。どのフレーズを使って話せばいいのかなど、常に意識するようになりましたし、自分から話そうとする積極性も身についた気がします。

多田 私はELCを利用することが多かったです。TOEIC®はPart5の問題をいかに早く解くかでスコアが大きく左右されますから、ポイントを押さえた勉強がしたくて。ELCはマラソンスタイルの学習なので、友達と競い合いながら勉強を進めました。先生はバイリンガルでとってもフレンドリー。分からないことは、すごく丁寧に教えてくれました。

ー英語力はどのくらい伸びたのですか?

多田 私入学時から、300点近く伸びました。

一同 すごい!(拍手)

Q.3
大学と専門学校は、どんなところが違いますか?

ECC国際外語について皆いきいきと話します

ECC国際外語について皆いきいきと話します。

佐藤 大学は自分で受けたい授業を選択しますが、ECC国際外語はあらかじめCAまたはGSを目指すということを踏まえて時間割が組まれているので、そこが違いますね。大学の場合は、自由な時間を作りたいと思えば、授業を減らすこともできちゃう。自分の甘さに左右されがちなんですけど、ECC国際外語はぎっしりスケジュールが詰まっていて、すべてが役に立つ授業ばかり。この密度の濃さが、大学と専門学校の違いかなと思います。

ー専門学校はすごく忙しいとも言われますけど、いかがですか?

佐藤 確かに専門学校のほうが忙しいでしょうね。でも大学に通っていても、CAを目指すなら大学とは別にスクールに通う場合がほとんど。その点ECC国際外語なら、英語力が伸びますし、CAになるために必要なスキルもしっかり学べる。一つの学校でどちらも勉強できるのが良いと思います。

谷尾君はカナダの空港で海外インターンシップを経験。貴重な体験を通じて、英語力もぐんとアップ!

谷尾君はカナダの空港で海外インターンシップを経験。
貴重な体験を通じて、英語力もぐんとアップ!

谷尾 大学は教室が大きくて、一つの講義を200人くらいで受講するので、先生に気軽に質問するのは難しいです。でもECC国際外語は1クラス20人前後なので、分からないことがあればすぐに質問できますよね。クラスメイトともすぐ仲良くなれるので、皆で一緒に頑張るんだ、というやる気もでます。先生やクラスメイトとの距離の近さも、専門学校のいいところだと思います。

Q.4
エアラインの授業で特に印象に残っているものは?

航空業界内定座談会

中尾 やはり「エアライン面接対策」です。本番以上に突き詰めた質問をされるので、緊張感がありました。練習で100%できても本番では80%くらいしか力が発揮できないこともあるので、先生たちからは練習の時点で120%クリアを求められるんです。例えば「自分はここが成長しました」と答えると、「成長したという根拠は何?」と更に質問される。そういうやり取りを繰り返すうちに、自分の思いや考えを具体的に、分かりやすく伝える力がつきました。

大塚 授業とは違うんですけど、私は航空会社での研修が良かったです。CAさんが乗務前のミーティングをしている姿など、憧れの職場を間近に見て、ますます勉強への意欲が高まりましたね。研修を受ける場所が空港だというのも、モチベーションが上がります。特に中部国際空港セントレアが大好きで、自分もここで働きたい!と改めて思いました。

ーエアラインコースの先生たちの印象はいかがですか?

湯浅 どの先生も、各航空会社に対する知識の量がすごい! 就職活動で企業選びに悩んだ時も、先生に相談したら、各社の特徴をわかりやすくアドバイスしてくれるんです。いつでも親身に相談にのってくださって、とても助かりました。

大坪 就職活動では自己分析など、自身の内面を見つめ直す時間が多くあります。私の場合、斎藤先生から厳しい指摘を受けて、自分の思いをちゃんと伝える難しさに気づきました。

お辞儀の仕方から笑顔の作り方まで、CAに特化した指導を受けられる面接対策。

お辞儀の仕方から笑顔の作り方まで、
CAに特化した指導を受けられる面接対策。

ー斎藤先生からの厳しい言葉とは?

大坪 定義だけで語るな、と。例えば「私は優しい性格です」と言っても、何がどのように優しいのか分かりませんよね。「困った人がいると助けずにはいられないんです」など、具体的に話さないと相手には伝わらないと言われました。そういうところを何度も指摘され、厳しく指導していただいたおかげで、自分の思いをしっかり伝えられるようになったと思います。

木村 斎藤先生も熱い先生ですよね。学生一人ひとりの性格や言葉遣いを丁寧に見られていると感じます。エントリーシートの作成も、文章の細かい表現にまでこだわって、一緒に考えてくださいました。先生のサポートがなかったら、面接にも進めなかったと思います。

冨高 観察力がすごいんですよね。私は言葉で伝えるのが下手なんですが、斎藤先生は私の伝えたいことをしっかり汲み取ってくれる。そして、少しでも違和感を覚えたところは、どうすればもっと伝わりやすくなるかを一緒に考えてくださるんです。絶対に妥協しない先生です。

大塚 どの先生からもビシビシと厳しい指摘が入るんですけど、もちろん優しい面もあります。最後の授業の時、工藤先生が「次に皆に会えるのは卒業式ね」と涙を流す姿を見た時、本当に私たちは愛されているなあって、しみじみ感じました。

航空業界内定座談会

堀口 木田先生にも、優しい言葉をたくさんかけていただきました。就職活動中に相談に行くと、「もう、大丈夫だから」といつも励ましてくださったんです。自信を持てずに悩んでいる時など、「大丈夫だから」っていうその一言には、何度も救われてきました。もちろんアドバイスもたくさんいただいたんですけど、不思議と木田先生には何を言われても、気落ちすることがないんです。相手を笑顔にさせる雰囲気があって、包容力もある。母親みたいに慕っていた学生は多いんじゃないかな。

一同 分かる(笑)。

Q.5
クラスメイトの印象は?

航空業界内定座談会

中尾 中原さんは一人でコツコツ頑張る、努力の人っていうイメージ。中原さんが勉強している姿を見ては、自分も頑張らないと、と刺激を受けていました。

中原 そうだったの? 私は、皆が授業の後にラウンジで企業研究したり、情報交換したりしているところを見て、私ももっと頑張らなくちゃって思っていました。

Sports Day

Sports Day(運動会)
コース別の対抗戦で仲間との絆も深まります。

堀口 中尾さんだって努力の人だと思うな。今年は特別に専門枠の新卒採用がある企業さまがあり、3月か4月くらいですでに内定を得た人も多かったのですが、中尾さんは入ってなかったんです。それが僕らはずっと気がかりで。でも、多田さんたちが彼女を支えてくれて、本人も悔しさをバネに成長して、最終的には日本航空や全日空など、7社もの内定をいただいたんですよ。最後まで粘り強く努力し続けたのはすごい。尊敬できるクラスメイトです。

中尾 私は本当に、一人じゃダメだったと思います。学校の帰り道とか、ごはんを食べにいった時とか、頑張ろうって皆でずっと声をかけあっていたので。皆のおかげ。もう、泣いちゃう。

一同 (笑)

航空業界内定座談会

多田 私が特に頑張ってたなと思うのは、木村さん。遅い時期まで面接のある企業があり、木村さん、大坪さん、私の3人だけで面接対策を受けていたんですけど、木村さんは最終面接の前に先生から厳しい指摘が入って。プレッシャーが大きくなったんじゃないかなって心配していました。でも、しっかり内定を取ってきたんですよ。どんなに落ち込んでも、ダメなところをすぐ見直して、自力で這い上がってくるんですから、かなりの努力をしたんだなと思いました。

木村 「今のままじゃ、あなたの思いは伝わらないよ」って、最後の面接練習の時に言われたんです。どうしようってすごく焦ったのですが、一緒に面接練習を受けていた多田さんと大坪さんが、先生のアドバイスをその場で書きとめてくれました。それだけじゃなく、頑張ろうねってメッセージもくれたんです。諦めずに頑張ろうと思えたのは、2人がいたからです。

Q.6
将来、どんなCAになりたいですか?

航空業界内定座談会

大坪 CAの内定をいただくために、英語力を伸ばしたり、必要な資格の取得に励んできました。これからは今までの学びを生かして、CAとしてご縁をいただいた会社に、少しでも恩返しができるように頑張りたいです。

堀口 僕は男性にしては雰囲気が柔らかいねと言われることが多いのですが、男性ならではのCAを目標にしています。女性CAが多い中で、男性CAが1人いると安心感がある、というお客さまもいらっしゃいますから、お客さまに頼りにされる男性CAになりたいですね。

湯浅 責任感をもって働く、という姿勢を大事にしたいと思っています。同じ企業に就職する友だちも多いですが、学生気分を引きずらず、社会人として自分の務めをしっかり果たしたいです。

CA受験を突破する力をとことん高める特別授業

CA強化プログラム
CA強化プログラムとは

ECC国際外語では1年生後期から、「絶対にCAになりたい!」という強い意志がある学生に対し、「CA強化特別プログラム」を用意しています。 CA受験に特化した応募書類作成や、面接時に型にはまらない対応を学ぶと共に、様々な角度から女性が社会とどう関わっていくかを考えるなど、CA受験を突破できる力を身につけます。
CAの倍率は企業や年度によって異なりますが、数10倍から100倍を超える場合もあります。しかし、しっかりと受験対策をして臨めば、就職倍率の数字に感じる採用の壁の高さは、越えられないものではありません。職種としてその特殊性の高さから、専門的な指導に特化し、立ち居振る舞いから表情、言葉までを、現場経験者の講師が厳しく教えます。決して生易しいプログラムではありませんが、生徒の本気に本気でぶつかり、同志としての絆も深まる好評のプログラムです。

授業の一例

  • CA受験への心構え
  • 日本語の発音矯正
  • 面接を突破する表情の作り方
  • ディスカッションの練習
  • 応募書類作成指導
  • 模擬面接
  • メイク方法
  • パネルディスカッション など

※英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。