エアラインコースで夢に向かって頑張る在学生に直撃。
CA/GSを目指すきっかけから気になる学校生活の事まで聞きました!!

エアライン業界を目指そうと思ったきっかけは?

田中
小学生の頃、「アテンションプリーズ」というTVドラマを見て、初めてCAという仕事の存在を知りました。その頃は身近な職業ではなく憧れの対象でした。高校生になっても、進路を決めるときにCAという職業が頭から離れませんでした。ECC国際外語のオープンキャンパスに参加して、CAになることの難しさや具体的な仕事の内容を知って、夢から目標に変わりました。
山村
高校生時代に、大学のオープンキャンパスに行ったとき、JALのCAとして働いている卒業生の方が来られていて、一緒に写真を撮っていただき、応援メッセージをいただきました。それまでは何となくCAになりたいといった程度だったのですが、その方に出会って本気で目指そうと思うようになったんです。

エアラインコースの先生方の指導はいかがですか?

田中
私にとって先生方のお話のすべてが刺激を受けるものばかりで、毎日が本当に濃くて楽しいものでした。実際にエアライン業界で働かれていたからこそ、ただキラキラした世界ではなく、辛いこともたくさんあることを教えていただきました。だからこそ、「今、努力しておこう!」と思えますし、入社してからのイメージも沸いて、目標を立てやすくなるのだと思います。
山村
私は先生というよりも仕事の上司というような感じがしてとても緊張します。でも、その厳しさの中には優しさがあり、私たちを本気でサポートしてくださいます。先生方が私の目標です。

面白い授業や役立つ授業は?

田中
専攻別の授業は実際の機内や空港カウンターを再現した実習室で受けるのでテンションが高まりますね。また、フライト経験やハンドリング経験が豊富な先生方から生の声が聞けるので、職種に対する興味も深まります。業務内容について具体的に学んだことで、就活の面接での「なぜCAか?なぜGSか?」という質問に対しても、自分がCA、GSとして何がしたいのかを明確に答えることができました。
山村
TOEIC対策の授業です。週3回で他の授業よりも回数が多く、集中的に取り組めたおかげで、入学して3カ月でTOEICのスコアが170点も上がりました。私はリスニングが苦手だったのですが、先生が解き方のコツやポイントを丁寧に教えてくだり、弱点を克服することができました。

自分で成長できたと実感するところは?

田中
最初は、してはいけないことをいろいろと言われるので、「なんで黒髪じゃないといけないの」とか「前髪切っちゃいけないの」とか、反発したくなりました。でも、このくらいのことが我慢できないようでは、ちょっとしたことで就活でボロが出てしまったり、この先、我慢できないんだろうなって気づくようになるんです。ちゃんと自分たちのことを考えて言ってくれていることがわかってきて、自分たちもその期待に応えようとするようになりました。

山村
まだまだ努力が必要ですが、履歴書やエントリーシートを書くときに、今までは自分を良く見せようと長所ばかりを書いていました。でも先生からきれいな言葉で自分を飾るのではなく、自分の言葉で伝えることが大切だとアドバイスをいただいたんです。それからは、うまく行かなかったことや挫折した経験と向き合い、それをどのように乗り越えたのかということが書けるようになりました。

キャンパスライフはどんなところが楽しいですか?

田中
スポーツ大会は、クラスメイトとの仲がグッと良くなる行事でした。入学してすぐだったので、うまくいくのか不安がありましたが、競技や応援を通して自然と仲良くなれました。そのチームワークが12月の地球祭(学園祭)のイベントでの盛り上がりにつながったと思います。
山村
私もスポーツ大会がとても楽しかったですね。みんなで団結することでクラスメイト同士の絆が深まりました。それから七夕まつりでは、先生方も浴衣を着てこられて行事に積極的な学校だなと感じました。ハロウィンパーティでは仮装して授業が受けられるのがとても楽しみです。放課後にグランフロントやルクアで買い物したり、ご飯を食べたりできる立地の良さも嬉しいですね。

ECC国際外語に入学してよかったと思うことは?

田中
夢に向かって一緒に励まし合える友達がいること、私自身よりも私のことをわかってくださっている先生方がいらっしゃることが大きいですね。大学や短大、他校だったらやっていけてないんじゃないかと思うほどです。

山村
本当にそう思います。私は短大に通っていたので、田中さんのおっしゃることが実感としてわかるというか。短大では自分がやらないと誰も何も言ってくれないので。ECC国際外語はクラスが少人数で、わからないことはすぐ先生方に聞くことができ、相談ごとにも親身になって考えてくださるので、やっぱりそこが大学や短大とは違うと思います。

最後にCA・GSを目指す方にメッセージをお願いします。

田中
エアラインコースで学んだことは、見た目がどれだけ美しい人でも立ち居振る舞いがちゃんとできていない人は、エアライン業界で働く以前に女性として恥ずかしいということです。女性として、社会人としてどうあるべきかを一から学んで、エアライン業界では、どれほど人間の中身が問われるかということを知ってほしいですね。
山村
ECC国際外語では、大学と違って実際にエアライン業界で働いておられた先生方が専門的な知識や就職活動のポイントを細かく丁寧に教えてくださいます。私は短大から専門学校に入学して、短大時代よりも夢に近づけたと感じています。ぜひ、一緒にがんばりましょう!

tit_takeoff

電話番号

up