CAとして働く

ホーム > CAとして働く

CA(キャビンアテンダント)として働く!

航空機に搭乗されたお客様に安全で快適な空の旅をお楽しみいただくためのサービスを提供します。

保安業務

離着陸時やフライト中の天候悪化の際に、手荷物の収納状況や、シートベルト・座席の確認などを行う。 また、万が一の事態が発生した場合、緊急着陸時の誘導やハイジャック対応も行う。通常のフライト中でも乗客や天候に気を配り、常に機内の安全を保つことが求められる。

機内サービス

乗客への各種案内や、機内食・ドリンクの提供、新聞や雑誌の配布など、機内でのサービス全般を行う。 航空会社・路線・シートのクラスなどにより、提供するサービス内容は異なる。乗客のニーズに合わせ、臨機応変な対応が求められる。

機内販売

航空会社のオリジナル商品や免税品(国際線のみ)などの販売を行う。LCC(格安航空会社)では、軽食や飲み物など機内食の販売も行う。

トラブル対応

天候による大幅な遅れへの対応など、変則的な問題に対処する。その他、発生した急病人への救急措置や、乗客のクレーム対応など様々な業務がある。

1日のスケジュール例(国内線)

7:00 出社

制服に着替え、持ち物を準備。その日のフライト情報や業務連絡を確認する。

8:00 出発前ブリーフィング
(キャビンアテンダントブリーフィング、その後パイロットとのブリーフィング)

搭乗便のCA全員でサービスや保安に関する打合せを行う。当日の乗務便の高度や速度、天候などについて機長から情報を得る。

8:20 飛行機に移動

会社から徒歩やバスで乗務する飛行機に移動する。

9:00 出発・機内業務

出発前の機内準備の後、笑顔で乗客を迎え、座席の案内、手荷物収容などをお手伝い。安全を確認して離陸後、安全高度に達しシートベルトサインが消えた後に、所定の機内サービスを行う。

11:00 目的地空港着

機内清掃を含め、次のフライトに向けた準備をする。

11:40 次のフライト

多い時は、1日4便ほど乗務。定時出発・到着を目指し、迅速に行動する。

16:00 最終の空港着・ホテルにチェックイン

現地ホテルにチェックイン。

CAやGSの応募条件は?

※応募条件や採用判断は企業により異なりますので、内容はあくまでも一般論としてお考え下さい。