エアライン就職に強い理由4 ニーズが高まる韓国語・中国語にも対応

ホーム > 就職に強い理由④

就職に強い理由

語学力

ニーズが高まる韓国語・中国語にも対応 近年ますますニーズが高まる韓国語・中国語の学びも充実。
アジア圏の観光客にも対応できる語学力を磨きます。

今後さらに必要とされる韓国語・中国語も学習

  • LCCの新規就航や東京オリンピック・パラリンピック大会の開催決定の影響もあり、アジアからの観光客は年々増加。中でも韓国・中国・台湾・香港からの観光客数は、訪日外国人全体の76.8%(※)を占め、韓国語・中国語はエアライン業界でも必須の言語と言えます。ECC国際外語では、英語だけでなく韓国語・中国語の授業も設置。入学時にどちらか一つの言語を選択し、選んだ言語の授業を受けます。アジア言語のスキルを身につければ幅広い観光客に対応が可能です。

    ※2018年7月現在、訪日外国人客総数2,832,000人中2,174,400人が韓国、中国、台湾、香港からの訪日客です。
    出典:日本政府観光局(JNTO)

    • 「中国語検定準4級を
取得しました!」 エアプサン、ANA関西空港、ANA大阪空港 松下 知世 さん
    • 「ハングル能力検定
4級を取得しました!」 スカイマーク(フライトアテンダント)柳田 京華 さん
  • 韓国語・中国語の学習風景

身につけた韓国語・中国語を活かして就職

【韓国語】アシアナ航空の関西国際空港グランドスタッフ採用枠を確保!

文部科学省より「職業実践専門課程」に認定

企業連携授業

  • 企業連携授業の様子
  • 外資系GSの採用窓口であるベイエリアサービスと講師提携。
    現場を熟知した講師が、実際に業務で使用する会話を中心に韓国語・中国語の指導を展開します。

留学生と交流

  • 留学生と交流の様子
  • 本学では、韓国や中国・台湾からの留学生も日本人と一緒に学んでいます。この環境を利用し、EIPでは韓国語・中国語の交流会を実施。授業で学んだ韓国語や中国語を、実際に試してみる機会を用意しています。言語だけではなく、食べ物や音楽など、その国の文化に触れることもできます。